遠寿院

〒272-0813
千葉県市川市中山2丁目3-2
TEL:047-334-2386 FAX:047-332-8157

HOME > 遠寿院について > お知らせ

お知らせ

正中山遠壽院荒行堂
加行門人帳刊行のご案内

正中山遠壽院荒行堂加行門人帳刊行のご案内

刊行の辞
刊行の辞2
刊行の辞3


目次


目次1
目次2


 

資料ほか

参道入口石柱(文政七年)

直伝加行連盟ほか

明治八年度近代起請文ほか

遠壽院伝師宛起証文 天保九年~十年

近代起証文 明治四十一年~四十二年


 

ご購入方法

  • 『ご注文書』に必要事項をご記入の上、FAXかご郵送をお願い致します。
  • メールでのご注文はお受け致しかねます。
  • お支払いは『お振込み』のみとさせて頂きます(現金不可)。
  • 必ず『お振込み』前に『注文書』をお送り下さい。

【刊行予定】2021年8月初旬

①正中山遠壽院荒行堂 加行門人帳 購入申込書


下記をクリックすると、PDFが表示されます。こちらを印刷し、必要事項をご記入の上、FAX(047-332-8157)かご郵送をお願いいたします。

正中山遠壽院荒行堂 加行門人帳 購入申込書正中山遠壽院荒行堂 加行門人帳 購入申込書
LinkIcon正中山遠壽院荒行堂 加行門人帳 購入申込書


②お支払い方法


頒価価格
一冊 20,000円
発送手数料 2,000円(3冊まで同額、4冊以上は3,000円)
本書は「遠壽院 重要宝物」としての特殊資料のため限定発行となります。以降の増刷は致しません。

お振込み
ゆうちょ銀行
口座記号番号 00220-8-105416 遠壽院
通信欄に「正中山遠壽院荒行堂加行門人帳購入」、ご購入冊数・価格、発送手数料、合計金額などをご記入下さい。

払込取扱票の記入例
払込票の例


【郵送先・お問い合わせ】
遠壽院荒行堂傳師部
〒272-0813 市川市中山2-3-2
TEL 047-334-2386(午前十時~午後三時)
FAX 047-332-8157


ページの先頭へ

「加行門人会読誦会と天拝尊神長持ちの安置」


 去る2021年6月28日、修法師会主催の荒行堂清掃奉仕が行われ、44名が参加し、堂内の清掃を行い、清掃後には水行も行いました。

 翌6月29日は、午前中の「伝師講義」に引き続き、午後は50名程の参加により読経堂において伝師導師により「読誦会」が行われました。

読誦会の様子1読誦会の様子1 読誦会の様子2読誦会の様子2

読誦会の様子3読誦会の様子3 読誦会の様子4読誦会の様子4


 その際、江戸期の文久元年・慶応二年の2回に亙り、表堂「鬼子母尊神」の『京都出開帳』が行われ、京都御所において当時の孝明天皇が尊神を御親拝されたことに依り、”天拝尊神”号を賜ったという経緯がございますが、その時、江戸・京都の往復に際して尊神様を格護した「長持ち」が当山に保管されており、今回、初めて門人の前に披露し、読経堂御宝前において読誦法楽が厳修されました。


長持ち


ページの先頭へ

お寺の諸行事に関するお知らせ

合掌
 皆様におかれましては、昨年来の疫病の世界的流行の中、日々大変なご苦労をされてお過ごしのことと拝察申し上げます。

 お寺の現況としては、住職始め一同、世の中に平穏が戻ることを祈念しながら元気に精進しておりますが、但し、普段の様にご参詣下さる檀信徒の皆様との楽しいひと時の交流が少なくなり、皆様の状況をご案じ申し上げる計りであります。

 その様な中、時は経ち、夏の御盆も近づいて参りますので、寺の方針として本年の特別な状況を鑑みて、これから先の諸行事等に関してのご案内をさせて頂きます。色々と大幅な変更をしなければならないことが有りますが、是非厳しい状況をご理解頂き、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

再拝

令和三年六月三十日 
遠壽院住職 戸田日晨


檀信徒各位

一、新盆会

八月七日(土)午前十一時~
実施します。
新盆各家には事前にご案内をします。
 

一、お施餓鬼法要

八月二十日(金)
法要は休止します。
但し、お盆のお塔婆については事前に申し込みハガキを郵送しますので、八月二十日前までにお申し込み下さい。お寺で事前に読経の上、八月二十日以降お渡しすることが出来ます。
また、八月二十日当日、午前十時~午後二時の間、お寺の役員の方々が護持会費、墓地管理料等の受付を行いますので、その時間内にお越しであれば、その場でお塔婆をお渡しすることが可能です。
 

一、お盆お棚経について

七月十三日~十六日、八月十三日~十六日
お経に伺うことは可能です。
今まで訪問していたお宅には「今年の夏のお棚経訪問」について事前にお電話でお尋ねしますので、ご希望をお伝え下さい。
 

一、秋彼岸会法要

九月二十三日(木・祝)
法要は休止します。
お盆の時と同じ様にお塔婆の申し込みが出来るように致します。
 

「寒百日間大荒行」

十一月一日入行会、翌二月十日満行会
実施します(開堂)。
遠壽院伝来の伝統行法として修行僧一同、行堂内にて国家安泰、人々の安穏を祈念し、修行を行います。何卒ご理解下さい。
医療上の防疫体制を可能な限り整えた上での加行となります。また、百日間の行法の有り方や、荒行堂の運営様式は伝統を護りながら従来の慣例にはこだわることなく進めますので、何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

以上

追伸

  • 諸々のことで何かご不明、お尋ねのことが有れば、ご遠慮無くお寺までお問い合わせ下さい。
  • 中々移動に神経を使うことと存じますが、この様な時に無心で神仏に参拝したり、ご先祖様にご挨拶することも大切なことと思います。お寺は何時でも開いていますので、どうぞ気兼ね無くご参詣下さい。


【お問い合わせ】
TEL 047-334-2386(午前十時~午後三時)
FAX 047-332-8157

LinkIcon交通案内


ページの先頭へ

令和三年度 入行志願について


 標記の件に付き、初めに下記要領で『入行要項』を「遠壽院加行所伝師部」宛に、郵送にて請求してください。

令和三年五月十日
正中山遠壽院加行所伝師部


入行志願者 各位


  • 一.「入行要項送付希望」と記す。
  • 一.氏名(フリガナ)、生年月日、年齢、法籍住所(住職・修徒等)、現住所(要郵便番号)、連絡先電話番号(含携帯電話)を記す。
  • 一.入行願書の受付は令和三年六月一日~八月十日まで。
  • 一.先輩僧(再行以上)に関しては、「伝師講義」の一回以上の受講が入行志願条件とする。
  • 一.初行志願者に対する「伝師講義」は、後日設定し、詳細を伝える。

以上

 入行要項を請求した者は、送付された「入行要項」に則り書類を整備した上で、八月十日までに遠壽院加行所伝師部まで『入行願書』を提出して下さい。

【送付先】

〒272-0813
千葉県市川市中山2-3-2 正中山遠壽院加行所伝師部

入行願書受付締切:八月十日(火)必着

LinkIcon交通案内
LinkIconお問合せ


ページの先頭へ

『疫神払守符』


 本年の世界的疫病の流行に伴い、遠壽院流祈祷相伝の修法伝書に則った『疫病払』符を遠壽院檀家・信徒・加行門人を中心にご縁の方々に授与しています。皆様のお役に立てれば有難いです。

2020年9月 遠壽院住職

Ofuda

玄関内側の高所、ご都合の良い所などに貼り、
「御守御札」としてお使い下さい。

2020年10月2日付 中外日報
『中外日誌』に掲載されました。
記事をクリックすると拡大します。
中外日報記事中外日報記事


ページの先頭へ

永代合同供養墓『久遠寿廟』


 当山に完成した永代合同供養墓『久遠寿廟』に納骨を致しました。

初めての納骨の様子初めての納骨の様子納骨堂内部納骨堂内部


 現在は、当山の檀家・信徒の方、お骨をお預け頂いている方を対象としております。詳細については、お問い合わせください。

LinkIcon交通案内
LinkIconお問合せ


ページの先頭へ

修行と信仰―変わるからだ 変わるこころ
(藤田 庄市・著 岩波現代全書)

 人はなぜ求道のために身体を酷使するのだろうか。霊性の獲得のためだろうか。修行の結果、到達した境地とはいかなるものなのだろうか。比叡山、石上神宮、東大寺、臨済禅など、神道・仏教から現代の新宗教まで、宗派を問わず信仰の現場におもむいて荒行に参加する体験を通して、日本人にとっての「聖なるもの」のありかを追求する

 遠壽院の荒行も掲載されております。よろしければご一読下さい

LinkIconAmazonでも販売されています。

修行と信仰 表紙修行と信仰 表紙

第七章 水行・白粥・読経の荒行第七章 水行・白粥・読経の荒行

修行と信仰 目次修行と信仰 目次

修行と信仰 裏表紙修行と信仰 裏表紙


ページの先頭へ

『日蓮宗の修法について』 著/遠壽院荒行堂 戸田日晨

日蓮宗の修法について

当山住職、戸田日晨の著作『日蓮宗の修法について』が刊行されました
ご希望の方は、お名前、住所、電話番号、ご希望冊数をご記入の上、当山までFAX(047-332-8157)をお願い致します。
1冊1,000円+送料
ご希望冊数とお届け先によって送料が変わりますのでご連絡致します。

【お知らせ】2019年11月時点
お待たせしました。当書籍はお陰様で多くのご注文を頂き「在庫切れ」となっておりましたが、出版社で”増刷”して頂き、ご注文を受けられるようになりました。

妙光院日輝上人に捧ぐ

まえがき1

まえがき2

刊行によせて

刊行によせて2

目次第一章

目次第二章


ページの先頭へ